無料
エロ
動画
縄師・紅薔薇の緊縛の世界。SMについてや日常のことなどを書いています。ぜひ、楽しんでください。
京橋
2008年03月02日(日) 23:29
京橋

今日は、用事で京都の深草まで足を運んだ。
おけいはんの京阪電車での往復である。
画像は帰りの各停、淀屋橋行きである。
京都で漬け物と煎餅を買っていたので、電車の中で煎餅を頬張りながら週刊誌を読んでいた。

帰りは、京橋で降りて、JR環状線へ乗り換える。
小腹が空いてきたので、京橋駅近くのうどん屋で軽く素うどんを食べて夕飯までのつなぎとする。
画像は、京橋駅前の商店街の様子である。
「乳と卵」で書いたように、京橋は本当に混沌としていて色々と楽しめる場所である。


JR京橋駅

京橋駅前商店街

焼きそば定食
2008年03月02日(日) 01:17
焼きそば定食

R&R。
今日のランチは、いつも行く喫茶店で焼きそば定食を食べた。
いよいよ3月に入った。1日発売のBJ(ビジネスジャンプ)を読みに喫茶店へ自転車で向かう。
今日の気候はいつもよりも暖かい。近くの高校の卒業式を終えた生徒達が卒業証書を手に家路に向かっていた。
焼きそば定食、いわゆる大阪の定番だ。
炭水化物のオンパレード。(笑)
うどん定食、お好み焼き定食・・・・と類似の定食がメニューに並んでいる。
粉系&ご飯定食である。
中華料理店で食べる焼きそばと違って、喫茶の焼きそばはまたひと味違った味わいがある。
喫茶のミックスサンド、喫茶のホットケーキ、喫茶のカレー・ハヤシライス、喫茶のパスタなど、専門の飲食店のものとは別物と考えたらいいのである。




クエ鍋
2008年02月10日(日) 02:33
クエ鍋?

R&Rである。
今日は午後から、男性8名で冬の鍋の王道である「クエ鍋」を食べに行った。大阪市内から高速道路を使って2時間半くらいの海沿いの民宿である。九州地方では「アラ鍋」と言うらしいが、関西南部ではクエ鍋である。
クエ鍋は冬の時期限定であり、3月くらいまでにしか口に入らないため、急いで食べに行った。
私がこの時期に食べたいものとしては、「クエ」、「カニ」、「フグ」がある。
クエは特に予約を早くにしておかないと食べることはできないほど人気がある。
フグも好きで、福岡の中洲まで河豚旅行を計画して食べに行ったほどだ。しかし、クエの白身のなんとも言えないプニョプニョとした柔らかな食感と弾力のある歯ごたえ、油ののった艶やかな肉質、とろけるような甘いエキスの味には、カニでもフグでも敵わない。あの巨大でグロテスクな顔をした魚であるにもかかわらず、また、これだけゼラチンを含み、油ののった魚であるにもかかわらずに、食べてみると意外にあっさりとしている。
まず、骨のついた切り身から入れていき、分厚く切られた白身の部分、そして、野菜類、貝類と入れていく。
画像は煮立ってきたクエ鍋の様子である。

クエ鍋?

画像のように、鍋の終盤には、クエのあら煮が出てきた。
また、鍋が終わるとダシを使ってクエの雑炊にしてくれた。
それと、画像は釣りたての大きな鯛の刺身である。

クエ鍋?

このクエ鍋会はおよそ3時間で閉幕となったが、クエづくしでお腹がいっぱいになり、満足いくものであった。

卓上カレンダー
2007年11月15日(木) 01:22
卓上カレンダー

Red&Roseも2年目に突入しました。
まあ、急がずに自然体で書いていくつもりでいます。

一年の経つのは、本当に早く感じる。
昨日は、いつも行く化粧品屋さんで、来年の卓上カレンダーをもらった。例の如く、資生堂のもので選りすぐりの美女ばかりが載っているモノである。色々とカレンダーはこの時期に貰うのだが、これが、一番のお気に入りとなっている。
画像の右が今年ので、左が来年のカレンダーである。
画像では分かりづらいのだが、今年のカレンダーの方が一回り小さくなっている。原油の高騰でプラスチック代が高くなったからだろうか?

本当に、年々カレンダーをめくるスピードが速くなっていく気がする。。
もう、師走なのである。縄師も各種イベントで忙しくなってくる。

時間といえば、アインシュタインの相対性理論の時間の遅れを証明する実験が成功したというニュースが昨日流れていた。
マックス・プランク研が実験を行ったらしい。
加速器の中の素粒子にのっかれば、時が遅くなるのになあ〜、なんて考えた。(笑)
しかし、尊敬するアインシュタインの相対性理論の偉業はすばらしく思う。実験が証明する100年以上前にすでにたった一人でこの理論を体系化していたのだから。
アインシュタインはいつも同じスーツとシャツを何着も取り揃えて、それらを順に着ていったらしい。それは、服を選ぶ手間を省くためであろう。
私も、今はアインシュタインを見習ってシンプルなスーツを順番に着替えていっているのである。


月下美人
2007年10月07日(日) 02:18
月下美人

日常の事、R&Rである。

花言葉で、「はかない美、儚い恋、繊細、快楽、艶やかな美人」らしい。
月下美人が今夜、我が家の庭先で花を開いた。先程、撮った画像である。
この時期に月下美人はよくマスコミなどでも取り上げられる。
それほど、めったに咲く花ではなく、一夜限りの美のショータイムである。
19時ころから、ゆっくりと開花していたが、12時ころには画像のように、大きく花を咲かせていた。甘い匂いが庭にほのかに漂っていた。
つぼみは3つついたので、まだ、あと2つが近日中に咲くであろう。楽しみである。

紅薔薇は薔薇だけを愛すわけではないんです。(笑)
歳をとってきたのか、園芸がおもしろくなってきているこの頃である。




 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close