無料
エロ
動画
縄師・紅薔薇の緊縛の世界。SMについてや日常のことなどを書いています。ぜひ、楽しんでください。
美貴の調教(その8)
2007年08月22日(水) 00:20
美貴の調教(その8)

美貴の調教のつづきである。
股縄に新しい麻縄を一本連結させて、胸の上に通している縄へ引っかける。
大きな美貴の白い乳房を強調するように、縛っていく。
ピンク色の乳首は固く尖っている。
腰の縄と股へ食い込んだ麻縄が時間と共に、どんどんと肌へ食い込んでいき、美貴はその痛みに悶えている。

ずっと、少女の頃から雑誌の中の世界としか思っていなかった「緊縛の世界」である。その妄想の中での世界が、今、まさに自らが体験して現実のものとなっているのである。
美貴の増幅した妄想が、さらに彼女を淫乱なモードへと駆り立てていく。
美貴の自慢の栗色の髪の毛が乱れるように、身体全体を揺らして悶えている。


杏の調教(その1)
2007年08月20日(月) 14:48
杏の調教(その1)

杏の調教(その1)?

杏の調教。
杏との調教は丁度1年ぶりになる。
ショートヘアで、非常に白い綺麗な肌をしたキュートな女性である。
この日の調教のために、新しい黒の下着を着けてきてくれた。
緊縛と鞭による調教を好む。麻縄で緊縛した美しい肌に六条鞭を大きな音をたてて振るうと歓喜の声を出して、さらなる調教を求めてくる。
目隠しをした状態で、高手小手縛りをして天井のポールへ吊した。
縛りも全体的にソフトにしている。

つるや
2007年08月19日(日) 23:06
つるや

つるや?

二日前の17日に、ゴルフを楽しんできた。
おそらく、この夏1番の暑さ、いや、2番目の暑さであった。茶店の「おねえさん」に聞くと、16日の方が暑かったらしい。
8時50分のスタートなので、半時間前に到着してパター練習を行った。
これだけ、猛暑だというのに、けっこう年配の方々を含めてたくさんの組が回っていた。
この日は、ゴルフ仲間の4人で回る。職業は色々である。冗談を言いながら、色々な話を聞きながら回るのも楽しみである。
この日、実は、今期で最高のスコアが出た。暑さで、最初から良いスコアが出ないと思っていたので、逆に肩の力が抜けていたのか、前半40をきり、後半も40半ばで回れた。
この成績に一役買ったのが、愛用するつるやのゴールデン・プリックス。
16日の夜に練習に打ちパーに行ったときの画像を載せておく。ドライバーの練習中のもの。
ものごとは「形から入る」ことが良いこととは限らないが、ゴルフは「形から」は大切であろう。本当の初心者は別としても、道具は良いものを使うに限る。



口枷(その2)
2007年08月16日(木) 01:45
口枷(その2)

口枷(その2)?

道具紹介をしておこう。

薫子の調教にも出てくる口枷である。一般の方は、SMビデオなどの調教シーンで使われているのを見たことがあるのではないでしょうか。
この口枷の最大のポイントは、お分かりのように、男のイチモツを強制的に咥えさせることにある。私は趣味ではないのだが、S男性の中には、強制飲尿に使われている方もいる。
長時間に栓をしておくと、口の中に涎がたくさん溜まり、それを栓をはずしてドロッと流れ出るのを楽しむこともできる。かなり、見た目にも淫乱な調教であろう。
私の使っている口枷(画像)は本革でできており、中心に金属の円形リングが埋め込まれている。それに、金属チェーンとゴム栓が連結されている。
どの家でも設置されているであろう洗面台の中心の水が流れ込んでいく栓部が中央に埋め込ませていると思っていただければよい。

実は、すべてのM女がこの口枷を咥えることができるわけではない。
リングの直径が大きいために、口の小さいM女は咥えることができないのである。
この口枷は、大幅に改造している。リングの裏側、つまり、口の中に入ってくる部分、歯で咥える部分が金属むき出しのために、歯や口に非常に負荷がかかり、長時間咥えることができない。そこで、金属部分に合成樹脂のシートを巻いてリングを咥えたときに、柔らかい感触になるように改良した。
また、この口枷を頭のうしろにベルトを通して固定する際に調整しやすいように、ベルトの一部を市販の短いベルトに連結させている。
一般に女性の頭のサイズは小さいために、調整しずらかったのである。

M女にとって、口を大きく強制的に開けさせられて、舌先だけが自由に動くことが許されている状態で、涎を垂らしながら、男性のイチモツを挿入させられてご奉仕させたれることがどれほど屈辱的なことか。
リングの裏側を歯で噛んでいるために、強制奉仕させている時には歯があたることが全くない。リングにふれる冷たさはあるが、口の中では舌による生暖かく柔らかさだけの感触がたまらない。
調教のあとに口枷を外すと、かなり顎が疲れているので丁寧にマッサージをしてやる。







美貴の調教(その7)
2007年08月15日(水) 00:22
美貴の調教(その7)

美貴の調教のつづき。
美貴はSM初体験である。

子供の頃から、いつも胸の中には、縛ってほしいという願望があったらしい。
そういう妄想は、学生の頃にレディコミによって増幅されたそうだ。
淫靡な妄想を現実に体験している美貴。
そのシチュエーションだけでも被虐心が刺激されてアソコが濡れている。
もちろん、いきなりSM専用の調教部屋という雰囲気にも圧倒されている。
麻縄が身体に絡みつき、ギシギシと音を出して軋んでいる。その心地よさに酔いしれている。



<<BACK   | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close